Event is FINISHED

【60分「無料」動画セミナー】<ぱちんこホール/経営者限定> 「 評価制度で業績を上げている、ぱちんこ企業がある? 」そんな評価制度があれば、経営者なら、絶対に導入したいですよね? 定着率の向上ではなく「 増収増益 」を目指す経営者の必須経営ツール。 評価制度【REモデル】セミナー。

Description
【60分「無料」動画セミナー】<ぱちんこホール/経営者限定>

この様な悩みをお持ちの経営者はいらっしゃいませんでしょうか?

・増収増益を目指したいのに、イマイチ、社員が納得していない
・増収増益を目指したいのに、社員が、本気でそう思ってくれない
・今の時代に成果を上げられなくなった店長の年収が、兎に角、高い
・賃金制度を変えずに、評価制度だけを、今の時代に合わせて変えたい
・評価制度を変えたいけど、そもそも、何をどう変えたら良いか、知りたい

ぱちんこ業界は、ここから3年間が勝負です。
つまり「 勝ち組 」と「 負け組 」
の明暗が、この3年間でハッキリします。
これまでの数年間と同じような経営戦略と営業
戦略で3年間を過ごすと、売上規模で「 30%ダウン 」は、間違いありません。

機械性能(商品)の単価ダウンが起き、遊技客は年々減少です。来年2019年には消費
増税もあります。そう考えると、この30%という数字に、大きな異論はないでしょう。

消費増税「 前 」には、住宅業界など一部の業種で「 プチ好景気 」があります。
が、
ぱちんこ業界においては、消費増税「 後 」の業績ダウンは、過去の事例からも避けら
れません。その後、2020年には東京オリンピックが開催されます。
特に東京周辺においては、オリンピック特需見込まれます。また、国の政策も、海外からの旅行客4,000万人を掲げており、東京オリンピックまでは、間違いなく増え続けるでしょう。

そんな3年間を、ぱちんこ企業として、増収増益を目指すには、

「 REモデル 」が、キーワードです。

これからの3年間で増収増益を狙う経営者の皆様。

1.「 営業手法の一部改善 」では、業績は上がりません
 →話題機購入を減らし、バラエティ(品揃え)
 →チラシを減らし、WEB販促を増やす
 →貸玉の変更(5円スロットを6.25円スロット) など

これらの「 一部の改善 」が、これまでで言う「 リニューアル 」です。
リニューアルで、一時的な「 活性化 」を作りだすことは、今でも可能です。
が、競合店からの「 一時的な客数シェアを獲得することだけ 」に終わりがちです。
そのため、競合店がリニューアルしてくると、元に戻ります。これの繰り返しですね。

増収増益を可能にする「 REモデル 」とは「 営業も組織も、全部を一気に変えること 」です。

2.「 組織も一気に変える 」ことが「 REモデル 」の最重要ポイントです。
 (1)採用方法の「 REモデル 」
   →有料媒体にお金を使い続ける仕組みから、自社運用のWEBダイレクトリクルーティングへ。
 (2)社内運用の「 REモデル 」
   →ペーパーレス化、デジタルシフトへ。
   →世の中にあふれている、安価な(無料も含む)ビジネスツールを活用し、無駄な時間やお金を削減(チャットワーク、スプレッドシート、TV会議など)
 (3)人事の「 REモデル 」
   →才能を秘めている若手社員の抜擢。年齢ではなく、才能と機能の適材適所化。
    例)スロットが得意な若手を、スロット部門の責任者に!
    例)店長は、営業全体設計と顧客第一接客の役割に!など
 (4)コストの「 REモデル 」
   →一般景品の常識打破。原価50%→25%で利益創出。
   →仕入れ先、仕入れ担当、売り場づくり、売り場販促担当、数値管理の責任者づくり
   →光熱費、販管費など「 業界価格 」の根本改革
 (5)評価制度・教育体制の「 REモデル 」
   →10年前の業界と会社の状況のままの評価制度を「 全部替え 」
   →業界の衰退スピードを打破する、クラウド評価制度で「 スピード社員育成 」
など。

船井総研のアミューズメントビジネス経営研究会にご参加いただいている企業様で
「 2016年→2017年 」対比でも「 増収増益 」されている企業が存在します。
※出店、増床ではありません
それらの企業に共通しているのは、次の3点です。
1. 経営者が増収増益することを「 決めている 」
2. 営業と組織の「 REモデル 」を短期間で一気に実施している
3. オープンイノベーション(自社だけで取り組まない!)

これまでのように「 部分的に変えて、良くなること 」を諦めた企業様です。
これからの新しい時代を受け止め「 短期間で一気に 」「 全部 」変える決心をされています。

今回の「 REモデル 」評価制度セミナーでは、今回紹介した背景と、これからの評価制度は、どのように「 REモデル 」すれば、良いのか?のポイントを、60分間の無料動画セミナーでお伝えします。
経営者の方の意思決定こそが、最も重要なポイントです。
是非、ご参加ください。

【 開催日時 】
2018年3月19日(月) 13時~14時(最大60分)

【 プログラム 】
1. 増収増益を達成している企業の「 REモデル 」の価値観
2. 評価制度を「 REモデル 」するとなぜ、業績が上がるのか
3. 組織の成長スピードを加速させる「 クラウド評価制度 」の活用法

【 講師 】
株式会社 船井総合研究所 
アミューズメント支援部 & HRDコンサルティング室
シニア経営コンサルタント 西川 佳孝(にしかわ よしたか)

【 プロフィール 】
ぱちんこ企業の業績アップ、人財開発の両面から成果を出すことができるコンサルタント。
「 経営ツール 」を駆使し、良い会社づくりのための全体最適と本質改善を得意として
いる。船井総研内における部下育成にも、とても定評がある。ユーモアたっぷりの分かり
やすく本質を突く解説の講演も人気で、社内研修の依頼も100回を超える実績。

【 講師 】
株式会社 船井総合研究所 
アミューズメント支援部 & HRDコンサルティング室
村上 祐太(むらかみ ゆうた)

【 プロフィール 】
大学を卒業後、船井総研に入社。入社後、飲食業界やアミューズメント業界の評価制度導
入に従事。現在は、アミューズメント業界に特化し、5~15店舗規模のぱちんこ企業様
に対して、クラウド評価制度導入をきっかけとした、組織と人の成長を加速させるサポー
トを行っている。

【 申込み要領 】
会場:オンラインセミナー(WEBセミナー)のため、パソコンがあれば、どこでもOK!
定員:30名様
参加費:無料
対象:ぱちんこホールの経営者様
※経営者以外のお申し込みは、お断りする場合がございます。
申込締切:3月14日(水)17時まで

***お問合せ先***
船井総合研究所
成田(なりた)
mobile.080-4809-0948
E-mail:y-narita@funaisoken.co.jp

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#319346 2018-02-26 07:52:34
More updates
Mon Mar 19, 2018
1:00 PM - 2:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
LIVE配信のためお好きな場所で
Tickets
LIVEセミナー FULL
Venue Address
LIVE配信のためお好きな場所で Japan
Organizer
船井総合研究所
762 Followers
Attendees
10